アロママッサージを自宅で行う上での注意すること

  • アロママッサージを自宅で行う上での注意すること

    • 老廃物は知らず知らずのうちに体内に蓄積されているため冷えやむくみがひどくなってしまったり、肌がボロボロになってしまうといった症状があります。



      その症状を改善してくれるのがアロママッサージです。

      本物の求人媒体の情報を提供しているサイトです。

      アロママッサージとはアロマをブレンドオイルとして使用しており、セサミ、ホホバ、スイートアーモンド等があります。
      そういったものが血液内に移り、細胞に届けられることで薬理作用・リンパの流れを促進させています。
      また自宅でも簡単に行うことができ、コツとして鎖骨から行っていきましょう。

      何故かというとリンパの最終出口は鎖骨の下にあるためで、出口となっているところですのでとても詰まりやすくなっているためでもあり出ていきやすくするためでもあります。


      方向はリンパ節に向かって流していきます。

      独自のシステムで志望動機の書き方に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

      体の下半身から上半身に向かって行っていきます。


      リンパ節には約800個あると言われていますが、重要なリンパは10個程しかありませんのでそこをマッサージするだけです。

      添乗員の派遣の新しい魅力を紹介します。

      重要なリンパ節は鎖骨・脇の下・顎の下・腹部・足の付け根・ひざの裏・耳の前・肘となっています。
      体の目立ったところではなくやや隠れた部分にありますので注意しましょう。



      アロママッサージは押すとなでるの2つとなっています。



      老廃物を押し、流れやすくするのとそれをなでるようにさすっていきます。


      強い力ではなく優しく行っていくことが大切です。

      匂いとマッサージ両方によって癒されることができます。

  • 関連リンク

    • 皆さんは、ご自宅でアロママッサージはしているでしょうか。香りの良い精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイルと混ぜ合わせて、疲れた足をマッサージしたり、自然の力でリラックスしたい方におすすめです。...

    • 精油の芳香成分を皮膚から直接入れていくことを目的としたアロママッサージは、アロマセラピーの重要なテクニックです。リラクゼーション効果や血液循環を促進させる作用があります。...